さがママワークプロジェクト

  • 佐賀県

講師インタビューⅠ【古賀夏子さん】

2020年9月12日 コラム

子育て世代セミナー動画講師

 古賀夏子さん

 

セミナー動画では、再就職に役立つ情報をさまざまな専門家の方々に教えていただきます。

今回は、履歴書や職務経歴書の書き方、面接のポイントなどについて教えてくださるキャリアコンサルタントの古賀夏子さんにお話を伺いました。

 

古賀夏子さん【キャリア教育コーディネーター、 キャリアコンサルタント】

 

現在、フリーのキャリアコンサルタントとして、ママの再就職支援や学生・若者の就職支援を中心に活動している古賀夏子さん。小学6年・小学3年の2人の娘さんのママでもあります。

ハローワークで主に学生支援をしていた経歴を持つ古賀さんは、お子さんが入学後に登校を渋るようになったことから、いったんキャリアを中断しました。

 

「初めはショックでしたが、今は母である私が必要なんだと思い、娘にしっかり向き合うために退職したのです。通学に付き添うなどゆっくりと支え続けた結果、自発的に登校できるようになりました」

 

再就職を考えたとき、以前、学生支援をしていたときに痛感した「就職活動期を迎えてからの支援では遅い」という気づきを思い出します。

 

「中学生にキャリア支援講習をしたことがあるのですが、そのとき、彼らの言葉遣いが不明確だったり自分の長所を挙げられなかったりしたことを目の当たりにし、もっと早い小学生からのキャリア支援が必要だと感じました」

 

思いを実現すべくフリーのキャリアコンサルタントとして活動を始め、現在は全国のママたちにその必要性をオンラインで発信するなど積極的に活動している古賀さん。

 

「子どもに失敗させることは大事。それがのちの挑戦につながる。だから手助けをし過ぎないで見守ることが必要…そんなことを伝えています」

 

就職活動では、自分を客観的に見つめ、自分の言葉で話すことが求められます。もちろん、ママたちの再就職活動でも同じ。

 

「ママたちは、出産や育児でブランクができたことで自信を持てない人が多いですね。どんな経験でも得られるものはあります。経験をプラスに捉えて自信を持ってアピールすれば、面接官にしっかりと伝わりますよ」

 

そんな古賀さんが指導してくださるセミナー動画は、「書類の書き方」編を皮切りに随時アップされます。ぜひご覧ください!

 

セミナー動画 就活バイブル書類編

「自分の強みのみつけ方」

「志望動機の書き方」

「履歴書を書くポイント」

「職務経歴書の書き方」