さがママワークプロジェクト

  • 佐賀県

講師インタビューⅥ【宮﨑小夜美さん】

2021年1月14日 コラム

子育て世代セミナー動画講師
宮﨑小夜美さん

 

セミナー動画では、再就職に役立つ情報をさまざまな専門家の方々に教えていただきます。

今回は、特に事務職を目指す方に役立つ!経理について教えてくださるパソコン簿記講師の宮﨑小夜美さんにお話を伺いました。

 

宮﨑小夜美さん 【簿記講師 パソコンインストラクター】

 

現在、簿記講師、パソコンインストラクターとして活躍されている宮﨑さんですが、キャリアの始まりは旅行会社での仕事でした。

 

「旅行会社で楽しく仕事をしていました。そんなとき、佐賀市立図書館の開設を知ったのです。図書館司書の資格を持っていたのでとても魅かれて転職しました」

 

けれど、図書館での仕事は期間限定だったため、期間満了後に備えてさまざまな勉強を重ねます。そしてパソコンインストラクターや簿記の資格を取得、のちに職業訓練校で教えることになり、今に至ります。

これまで仕事をしてきた中で、子育て中の同僚の仕事ぶりに驚くものがあったと宮﨑さんは振り返ります。

 

「皆さん、時間の使い方がじょうずだなと感じていました。子どものお迎えまでに仕事を終わらせないといけないという集中力がすごかった。さらに仕事の割り振りがうまくて、効率よく仕事されていました。私自身、子育ての経験がないため、そんなママたちの姿は強く印象に残っています」

 

その印象は、求職者に教える立場となった今あらためてよみがえり、ママたちのことをこのように分析されます。

 

「教える立場からママたちを見て、コミュニケーション能力が高いと感じます。物おじせずにパッと動ける。これはまさに企業が求める人物像ですね。また、子育て中の人が教室にいると場が明るくなって他の生徒さんにもよい影響を与えます。そして、やっぱり学習意欲が高い!限られた時間の中で効率的に学ぶ人が多いです」

 

コロナ禍で就職に躊躇している人がいるのではないかと宮﨑さんは気遣います。

 

「春先に講座の依頼を受けたんです。『え?こんな時期に?』と戸惑いましたが、対策を講じた上で引き受けてみると、それまで外出すら控えて気持ちが鬱々していたのですが、外に出て人に会うことが刺激となって気分が晴れました。子育て中の皆さんの中には、ただでさえ仕事から離れて再就職に一歩を踏み出しきれない状況にあるのにコロナの影響でさらにネガティブになっている人もいるのでは?はじめからフルタイムでなくてもよいので、短時間勤務の仕事や、就職でなくても職業訓練校でのスキルアップなど、何かしら一歩を踏み出すことを強くオススメします。行動を起こすことで気持ちが明るくなりますよ!」

 

 

そんな宮﨑さんが指導してくださるセミナー動画「経理の基礎」は随時アップされます。

ぜひご覧ください!

 

 

 

【公開中の宮﨑さんセミナー】

 

 

 

 

その他コンテンツ多数!!

  

セミナー一覧はこちら